入船亭扇治通信(第78回)   

2011年 02月 28日
 平年より寒い日が続いて空気がカラカラ、インフルエンザも流行してきました。皆様変わりございませんでしょうか。
 年末から年始にかけての話題のひとつは、何といっても「タイガーマスク=伊達直人」現象でしょう。連鎖的に続いている児童福祉施設等へのプレゼント。一種の愉快犯という面もあるから手放しでは喜べない。
 施設の現状や子どもたちが本当に必要としているのは何か理解しているのか……といった辛口の意見もありますが、ここはやはり久々の明るい話題と、素直に歓迎すべきと私は思います。
 タイガーのほかにも星飛雄馬・矢吹丈など色んなキャラクターの名で贈り物が届けられていますが、ぜひ落語ファンの中から出てきてもらいたいのが『文七元結』の長兵衛。夜中に施設の表で音がするので職員の方出てみると、街頭のもと向こうへ走り去っていく着物を着た職人態の男。玄関先に置かれた包みには「本所達磨横町 左官の長兵衛より」という貼り紙が……。
 世知辛い現代に咲いた善意の花、一過性の流行に終えることなく大切にしていきたいですね。私も落語を通じて自分の子も含めた次世代の人たちに、何かを残してあげられるよう精進いたします。よろしくお願い申し上げます。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2011-02-28 00:00 | 入船亭扇治通信