入船亭扇治通信 2012.7.31   

2012年 08月 31日
 猛暑日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 管理人さんのご協力・我が家のIT化に伴い、少しでも頻度の高い更新をめざし本稿から通し番号とさせていただきます。今まで以上のご贔屓、よろしくお願い申し上げます。
 7月30日の勉強会で『船徳』と『強情灸』をやりました。ご来場下さいましたお客様、ありがとうございます。どちらも仕草が大事な噺で、自分で演じてあらためて思うのが先代小さんの形の良さですね。剣道で身についたものなのでしょう、扇子と手拭いの扱いのうまさ・手を使う時の切れ味、実に見事でした。お弟子さん方が「うちの師匠は天才的に仕草がうまかった」というのがわかります。
 6代目の芸と言えばもう一つ、表情の豊かさも忘れてはなりません。師・扇橋が小三治・亡くなった文朝両師とやっていた会で『ちりとてちん』をネタおろしした時のこと。稽古の合間のティーブレイクで一服しながら「師匠(小さん)はいいよなぁ。あのまあるい顔でどれだけ得してるか。たぬきは地でできるし、この噺でも豆腐の腐ったのをくちに入れて目ぇ白黒させるとそれだけで拍手が来るんだものなあ」しみじみ言ってました。
 私も前座の頃、お供した旅先で至近距離から『試し酒』を見たことがありますが、呑むほどに顔がぽーっと赤らんでいく様はまさに圧巻でした。まだまだもちろん未熟ではございますが、先人方の残してくれた財産・教えを少しずつでも身につけて芸の幅を広げていきたいものです。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 とにかく暑いですから、皆様充分にご自愛のほどを。

入船亭扇治 拝

扇治写真館 7/31
a0022750_19325499.jpg
「名前と外観が・・・」
 夕日が海に沈む絶景から名づけられた『黄金岬』、その近くのアパート。
 全体の時代のつき方・郵便受けに漂う生活感などと、『黄金』のイメージとの間にいい意味でのギャップがあるのがよくて、ついシャッターを押しました。
 笑いのネタにしようというわけではありませんので、住んでいる方くれぐれもお気を悪くなさりませぬよう。

a0022750_1934451.jpg
「超能力者たちのアジト」
 これも味のある名前ですね。七瀬や明日香、岬一郎たちが世間の目を避けてひっそりと暮らしているんでしょうか。
 並びにはエスパーハイツBもあります。超能力者の街、留萌。

a0022750_19345468.jpg
「耕運機とスポーツカー」
 畑に並ぶ、ヤンマーとユーノスロードスター。そばで見るとスポーツカーの方はナンバープレートが外されており、廃車にしたものの処分に困って放置してあるようです。名所旧跡を巡るのももちろんいいのですが、街中の何でもない風景を探すのも旅の楽しみのひとつでしょう。

a0022750_1936173.jpg
「てるてる坊主の家族」
 かわいいですね、ほほえましいでしょう?お父さんお母さん、子供たちそれぞれに一つずつなんでしょうか。みんなでお出かけするのから、お天気になるようぶら下げたのかな。
 もしそうだったら、坊主さんたちがしっかり働いてくれたと信じたいです。

 にっぽん丸のクルーズで訪れた、留萌のスナップ。次回もこの続きにおつきあいください。
扇治

※当初は通し番号にしておりましたが、日付を入れる形式に改めました。
本ブログは公演の予定をお知らせする際、公演の日付を取り違えないようにするため、
ブログの日付機能をイレギュラーな使い方をしております関係で、
若干ややこしくなってしまって申し訳ありません。
タイトル横の日付が、記事の日付ということでよろしくお願いします。(管理人T)

[PR]

by irifunetei_senji | 2012-08-31 00:00 | 入船亭扇治通信