入船亭扇治通信 2012.8.24   

2012年 08月 31日
 処暑を過ぎても相変わらずの暑さ、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さて前回の本欄で「タイトルを通し番号で」などと考えのないことを言ってしまいましたが、整理が煩雑になるので日付を入れた方がいいのではと愚考し、今回はとりあえずそうしてみました。管理人さんとも相談して、少しでも読んで下さる方の胸に届くようなブログにできればと思いますので、これからも末永くご贔屓のほどお願い申し上げます。
 先日、まことにささやかながら家族4人で夏休み旅行に行ってまいりました。1泊のみの「横浜中華街体験と老舗ホテルの夕べ」とでも、代理店の人ならパッケージ名お付けになるでしょうか。宿は横浜ホテルニューグランド、ちょっと早めの夕食を時間無制限の食べ放題店でというコース。準備は私がほとんどやったのですが、なるほどネットというのはこういう時強い味方ですね。数あるお店の中から、口コミやホームページの情報をもとに今回のディナー会場に選ばれたのが、善隣門のそばにある「横浜大飯店」。これが私ども親子には大当たりでした。
 午後4時という時間に行ったせいもあるのでしょうが、店内は程よい数のお客様。店の雰囲気も店員さんのサービスもとてもきちんとしており、お味の方も本格中華なんてまだまだ贅沢な子供連れには入門編として大変結構でした。もちろん好み・合う合わないはあるでしょうが、ご家族であちらへお出かけの方ご参考にしていただければ。
 泊り本当はロイヤルパークとか見晴らしのいいところを最初探したのですが、1週間きっての予約ではさすがに無理で、近辺で唯一ツインのコネクトルームが空いていたニューグランドになりました。私は大好きなホテルですが正直子供には渋すぎるかな…思っておりましたがいやさすがは老舗中の老舗、派手でなくとも胸にじんわりしみてくる大人のサービス。重厚な建物と相まって、中2と小4の子たちにはいい思い出となったようです。朝食(これも品数はやたら多くないのですがひと品ひと品吟味されており、私が旅でいただいた朝ごはんのベスト3には間違いなく入ります)の会場から大桟橋が見えるのですが、ちょうど停泊中のにっぽん丸を発見。出港風景に立ち会えたのもラッキーでした。
 そのにっぽん丸北海道クルーズから、また写真を1枚.VOW風のコメントつけてみましたが、考えてみれば「萌」の字はもともとこの土地とは縁のなかったもの。後から当て字でくっつけたわけですから、北海道先住の人たちの文化・生活といったことにも思いを馳せるべきなんだろうな…感慨を新たにした次第です。
 北の大地と言えば25~27日、今年で16年目になる北見市留辺蘂図書館にまた呼んでいただいております。ご報告と土産話に写真は、次回の当通信で。それまで皆様お身体お大事に、お過ごしのほどを。

入船亭扇治 拝

扇治写真館 8/24
a0022750_2283615.jpg
「ラーメン屋萌える」
 留萌市内のラーメン屋さん。おりからの「萌え」ブームに乗り、この漢字を使ったお店は結構あって、かわいい女の子のキャラクターをラッピングしたバスも走っています。その中でこちらはテント看板やのれんの時代のつき方から、ブーム以前からのネーミングではと思われます。撮影スポットを探しているちょっとの間にどんどんお客さんが入っていく人気店でした。ただ「萌え」だけでなく、2階の喫茶「ピュア」との組み合わせが面白くシャッターを切りました。
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-08-31 00:01 | 入船亭扇治通信