入船亭扇治通信 2014.1.6   

2014年 01月 07日
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 5日まで私は飛鳥Ⅱの船上、お客様と共に香港ツアーで年を越しました。旅先の写真、こまめに今年はアップしますので、どうぞのぞいてやってくださいね。
 昨年12月21日、3回目の気仙沼・面瀬仮設住宅公演に行ってまいりました。上智聖歌隊の清らかな歌声と器用なサンタさんの軽妙な司会。車で東京から駆けつけてくれたシンガーソングライターの皆さんの活気あふれるステージ、大学同期生たちの手作りのプレゼント。それに拙いながらも私の『初天神』も加わり、お客様がたとても喜んで下さいました。
 帰る時に「また来年も!」のお声をかけていただき、嬉しいながらも次の機会があるというのは避難生活がまだまだ続く事でもあり、正直複雑な心境でもあります。それでも、待っていてくださる皆さんの胸に届く訪問ができるようまた色々企画しようと、メンバー一同決意を新たにした次第です。

a0022750_1558359.jpg
 写真は、気仙沼駅前の老舗の土産物屋さんの店頭。聖歌隊の皆さんは、本当に歌が大好き。ちょっとした空き時間でも、一人が声をあげるとすぐに素敵なコーラスに。公演終了後、気仙沼から一関へ向かう大船渡線が50分待ち。日が暮れて寒いし、ひやかしのつもりで入ったこのお店のおかみさんがとても親切な方。地元のワンカップを飲みながらストーブにあたらせてもらえませんかとの図々しいお願いに快くどうぞどうぞと、場所を提供してくれました。

a0022750_15575191.jpg
 酒の肴やお土産を買いつつの即席宴会の最中に、聖歌隊の電撃クリスマスプレゼント。お店の方にも喜んでいただき、列車の待ち時間があっという間でした。乗り込もうとする我々を駅で見送ってくれたのが、ピカチュウと仲間たち。昨年から大船渡線ではポケモン列車を走らせ、好評を博しているそうです。今度、是非乗りたいなあ。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2014-01-07 16:00 | 入船亭扇治通信