入船亭扇治通信(第9回)   

2005年 05月 17日
 花粉症もそろそろ一段落、薫風さわやかな候となってまいりました。皆様いかがおすごしでしょうか。
 いつの頃からか、ゴールデンウィークは「ヒマだねぇ……」というのが、仲間うちの挨拶になりました。寄席には多勢お客様が来て下さるのですが、イベント・落語会といったものがほとんどないのです。企画してもこの時期、人集めが難しいからでしょうか。身体が空いているからと、大幹部や売れっ子が寄席に出る、顔ぶれが賑やかだから寄席は大入り。いい小づかい稼ぎになると、また上の方の人たちが連休中の寄席に登場しますから、我々若手は本当に黄金週間はヒマなのです。
 でも、この間こちらも怠けているわけではありません。連休明けからの高座に備えて、みっちり勉強を……する気持ちだけはあるのですが。
 何にいたしましても、今月は26日の会が正念場です。古典と新作をしっかり演じるのはもちろん、ご好評の公開げいこも楽しいものにできるよう、今から準備しております。小円歌師匠をゲストにむかえての「扇道」、ほかの会同様、多数のお客様のご来場、お待ち申し上げております。
 また29日(日)には、上智大学「オールソフィアンの集い」にて、メインストリート企画の司会を務めさせていただくことになりました。よろしければ四谷のキャンパス、のぞいてみてください。
[PR]

by irifunetei_senji | 2005-05-17 22:37 | 入船亭扇治通信