入船亭扇治通信(第11回)   

2005年 07月 05日
 カラ梅雨かなと思ったらぐずぐずした天気が続いたりと、はっきりしない毎日です。暑いのが好きな私ですが、加齢と共に蒸し暑さがこたえるようになってきました。それでも、仕事のあとのビールのおいしさを考えると、、四季のうち夏が一番嬉しい候です。
 今月は東京でのスケジュールがさみしいようだが、生活の方は大丈夫か、夏を乗り切れるのか? とご心配くださる方がいらっしゃいますが、地方でいくつか会がありますのでどうぞご安心を。詳細がこちらでもわかっていないので、ホームページには載せませんでした。前日まで、どこに行って何をするのか正確にわからない仕事というのが、噺家にはよくあります。我ながら無精な商売だとは思いますが、何とかなってきているのですから、これはこれでいいのでしょう。
 8月に入りますと、笹塚に新しくオープンした小劇場で、白鳥師との二人会はじめ、色々な企画で勉強しようと思っております。日程としては、6、7、8、9、11、21、24、26日の夜、具体的な内容は、決まり次第こちらで告知いたします。
 それでは皆様、体調に気をつけてお過ごしください。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2005-07-05 01:52 | 入船亭扇治通信