入船亭扇治通信(第20回)   

2006年 04月 30日
 早いものでもう新年度、皆様お変わりございませんでしょうか。
 この時期から連休明けまでは、毎年仕事的には比較的静かで落ち着いた(つまりヒマな……)日々です。こういうときこそ勉強、営業、企業努力!というわけで、新作に久しぶりの噺、自分に課題を設けて頑張る月間にしたいと思っております。ご都合のつかれる会には、是非ともおつきあい下さいますよう、お願い申し上げます。
 来月23日(火)には、池袋演芸場にて1年ぶりの「扇治の道も一歩から」を開催いたします。昨年の落語協会新作台本最優秀賞、小林未於さん作「夏の縁側」の改作再演。今年正月に黒門亭で芸歴20年記念企画として根多下ろしした「二十年目の前座」は鳴り物入りヴァージョンアップスタイルで。ゲストに大空遊平・かほり先生、ということは当然恒例公開げいこは漫才に挑戦!ほかに古典の根多下ろしも一席と盛りだくさんの一夜。どうぞご期待下さい!

扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2006-04-30 00:00 | 入船亭扇治通信