入船亭扇治通信(第23回)   

2006年 07月 31日
 6月は地元美濃市・寄席・2月以来の金沢行きと、それなりに忙しく過ごさせていただきました。金沢は恒例のステーキかた瀬さんのほか、東の茶屋街にあって落ち着いた雰囲気の宇多須陣社、ヨーロッパ郊外のお店を思わせる重厚な作りの西洋料理店ゲデレーさんと、是非また訪れたいなという場所に巡り会うことが出来ました。身軽に方々行かせて頂けるのは、噺家という商売だからこそ。ありがたく思っております。
 8月にはやはり毎年お邪魔している留辺蘂の図書館まつり、今回はいよいよ10年目・区切りの年です。ここまでおつきあい下さったお世話人さん・お客様へのご恩返しのつもりで、例年以上に一所懸命お喋りさせていただきます。近隣の訓子府、置戸でも会を作ってくださいましたので、まとまった北海道ツアーとなりました。
 それを控えて今月は少し早めに夏休み……といったところですが、月末に大きな会がございます。同大学出身の噺家が初めて寄席で一堂に会する「第1回ソフィアンズ落語会」。噺家なんて大学出てまでやる商売じゃないよ……とは昔から言われていることですが、家庭的で面倒見のよいわが母校、不肖の卒業生のために同窓会事務局も後援して下さり、楽しい会になりそうです。アナウンサー菅家ゆかりさん司会によります中喜利も売り物のひとつ。上智大学関係の方はお見逃しなく! もちろん一般のお客様もご覧いただける通常の寄席興行ですので、多勢の方のご来場、お待ち申し上げております。

扇治拝
[PR]

by irifunetei_senji | 2006-07-31 00:00 | 入船亭扇治通信