入船亭扇治通信(第41回)   

2008年 01月 31日
 新年明けましておめでとうございます。
 暖冬続きのここ数年からすると、先月後半は師走らしい寒さになり、それらしい気持ちで正月を迎えることが出来ました。毎年ひとつずつ歳をとって、身体も傷んでくるわけですから、少しでも長持ちさせることを考えなければいけません。
 昔から歩くのは大好きでしたが、腰や膝への負担を減らすため、思い切って靴だけはしっかりしたウォーキングシューズを揃えることにしました。お値段は高いのですが、履き心地、歩いたときの快適さはお金にはかえられません。「いい仕事があって出演料が入ったときは、靴を買うもんだ。おあしが入ると言ってな」という師匠扇橋の教え通り、奮発した靴で足元を固めて歩くと、新宿あたりへはあっという間。稽古にもまことに都合がいい。
 そしてもうひとつ新しく始めたのが、2リットルのペットボトルを左右の手に1本ずつ持っての簡易ダンベル体操。テレビを見ながら1、2、1、2と差し上げるだけで、けっこう二の腕が引き締まるものです。楽屋で着替えるとき、鏡の前でポーズを作ったりして……。肩こり・腰痛も起こりにくくなりましたし、首の廻りの筋肉も鍛えられるせいでしょうか、喉の調子が良くなり、風邪をひきにくく、声が出やすくなりました。皆様もぜひお試し下さい。
 何だかワイドショーの健康コーナーみたいになってしまいましたが、お体に充分ご留意の上、また今年も扇治の高座におつきあい下さい。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2008-01-31 00:00 | 入船亭扇治通信