入船亭扇治通信(第42回)   

2008年 02月 29日
 久しぶりに冬らしい寒さ、皆様お変わりございませんでしょうか。
 扇治の正月は初席の東洋館に始まり、間もなく50回を迎える「伊豆長岡扇治の会」、細川佳代子様のご縁で「佳輪会」新春の集い、雨に煙る細川家私邸での「泰勝寺寄席」、娘がお世話になっている児童館のお楽しみ会、兄弟子・扇好師に声をかけてもらい歴史ある「金子屋落語会」に初めて出演……。本当にたくさんの方のいいご縁で、充実した1年のすべり出しとなりました。
 明けて今月は、業界で言うところの“二八(にっぱち)”。8月夏枯れの時期と並んで、芸人は暇な月とされていましたが、それは昔のこと。最近では、年度末のかけこみ仕事やら、結構忙しい時なのです。
 私も上席・中席と師匠がトリの寄席に入れてもらい、下旬には石川県ツアーも控え、なかなかに多忙な2月と言えそうです。何とか風邪をひかぬよう、芸の精進と正しい確定申告書の作成に励んで参ります。お客様方も諸物価高騰の浮世をしばし忘れに、冬の寄席に暖かくなさってお出かけ下さい。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2008-02-29 00:00 | 入船亭扇治通信