入船亭扇治通信(第44回)   

2008年 04月 30日
 新年度を迎え、皆様お元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。希望に満ちたこの季節、私も早く銀行口座に所得税還付金が振り込まれないかと、期待に胸をふくらませる毎日です。
 3月下席・池袋演芸場での新作台本特集、大変勉強になりました。オール新作の中、どう自分らしさを出すか、お客様に噺の内容を伝えていくか……。他の方の高座を聴きながら、考えさせられること大でした。私の出演は3日間、時間の関係で小林未於さんの「夏の縁側」はかけることができませんでしたが、機会があればまた少しずつ形を変えて演じてみるつもりです。
 平治師匠との二人会も、土曜日だったこともあり100名を超すお客様においでいただき大盛況。明るくスケールの大きな平治師匠の噺は、毎回良い刺激となっています。他流試合で研鑽しつつ、自分の会も5月に催します。来月25日(日)は久々の「扇治の道も一歩から」、古典と新作、公開げいこでお客様のご機嫌を伺います。ゲスト等詳細は来月のブログでお知らせしますが、ちょっとだけ予告編を。新作は柳家小ゑん師匠作のあの名作!!「ぐつぐつ」に挑む予定。ご期待下さい。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2008-04-30 00:00 | 入船亭扇治通信