入船亭扇治通信(第52回)   

2008年 12月 31日
 早いものでもう師走、さすがに冷え込んできました。皆様お変わりございませんでしょうか。
 11月下旬には、恒例の道東ツアーに行ってまいりました。今回で12年目になる留辺蘂町図書館祭り、これまでずっと晩夏から初秋の時期にうかがっていたのですが、初めての冬期公演。冬の噺を2席、やらせていただきました。
 そのほかに4年目になる置戸生涯学習情報センター、そして初めてお邪魔する津別と、今回も北の大地で関係者の方々の人情に触れ、連日少々飲み過ぎ……。の気味はありましたが、年内最後の大きな旅、また沢山の思い出を頂戴しました。本当にありがとうございます。
 それにしても驚いたのが、ご当地でもその時期には珍しいという寒さ! 25日夕刻に北見に着いたのですが、日がとっぷりと暮れると気温はマイナス10度。まだ開いている店が少ない時間帯、食事するところを探して駅前をウロウロ。空きっ腹に北風がしみて、“もう駄目だ、コンビニで何か買い込んで、一刻も早く暖かいホテルの部屋に戻ろう!”と思ったとき、看板に明かりが灯った1軒の焼き肉屋さん。天の助けと飛び込んだら、これが大当たり。安くておいしくて量もたっぷり、すっかり満ち足りた気分で宿へ帰りました。こういうのが旅の醍醐味ですね。
 それでは皆様、よいお年をお迎えください。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2008-12-31 00:00 | 入船亭扇治通信