入船亭扇治通信(第54回)   

2009年 02月 28日
 暖冬・厳冬を問わず、1年でいちばん寒い時期。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 今月は公開してある情報のほかに、何かと忙しい月です。21日(土)は地元岐阜での学生落語選手権「安楽庵策伝大賞」の予選審査。今年で私は3回目になりますが、担当会場で聴く全国から集まった落語研究会の皆様の高座。こちらにも大変勉強になるんです。本職では絶対思いつかないマクラやくすぐり、演出。40人以上の方が7分ずつ演じられるのですが、飽きたり眠くなる間がありません。
 28日(土)は、南大沢で八王子車人形・西川古柳座と『たちきり』の再演です。古柳座のホームページで詳細はわかりますので、是非ご覧下さい。初演から2年、一座の方々とみっちりお稽古し直して演じます。
 そしてお稽古といえば……。3月22日(日)13時から、おせわになっている日本舞踊の師匠の会、国立小劇場にて踊りをご披露いたします。来月また詳しくお知らせしますが、今からご予定しておいていただけると幸いです。踊りの1番だけでなく、おしまいの師匠の舞台では、噺家としてちょこっとお手伝いさせていただきます。どうぞお楽しみに。
 それでは皆様、インフルエンザ等にはくれぐれもご注意下さい。今月もよろしくお願いいたします。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2009-02-28 00:00 | 入船亭扇治通信