入船亭扇治通信(第63回)   

2009年 11月 30日
 亜熱帯並みの台風が上陸したり、新型インフルエンザが再流行したり、国会と同じく荒れ模様の秋。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 先々月辺りからずっと引っ越しの噺で恐縮ですが、もう一度だけお付き合い下さい。今回の転居に辺り色々なものを思い切って処分しましたが、中でも驚いたのが子どもの頃買った超合金のオモチャ『未来ロボ・ダルタニアス』。ほとんど手を付けていないので確かに美品なのですが、どちらかといえばマイナーな作品だし、まあ追い解いても邪魔だからと軽い気持ちで中野の「まんだらけ」に持ち込んだら!ちょっと驚くような値が付きました。
 それに味をしめて、未開封のプラモやらアニメ雑誌を買い取って貰い、引っ越し業者さんに払うお金ぐらいは出てしまいました。金銭的に助かって身辺がさっぱりしてこんないいことはないなと喜んでいたのですが、落語『だくだく』のセリフじゃありませんが今度はさっぱりしすぎちゃって……。何か身のまわりが寂しいし、引越祝と自分の誕生日祝を兼ねて、どうせここまででかなりお金使ったんだからついでに思い切ってと、買いました。大人のためのダイキャスト玩具「超合金魂」シリーズのうち『闘将ダイモス』。中学生の時、既成のオモチャを改造しようとして果たせなかった、トレーラーから巨大ロボットへの完全変形を見事に再現した逸品です。ビックカメラ新宿西口店で15400円と、普段1万円以上の買い物をすると手が震える私には破格の出費ですが、自分へのごほうびとさせてもらいました。綺麗に保存しておけば、将来また引っ越しの時の資金になる可能性もありますから。
 不景気な世の中だからこそ、生きたお金を使ってまた仕事をしようと意欲をかきたてることが必要ではないでしょうか。ダイモスをかたわらに稽古に励む扇治を、今月もどうぞごひいきに。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2009-11-30 00:00 | 入船亭扇治通信