カテゴリ:入船亭扇治通信( 124 )   

入船亭扇治通信 2016.4   

2016年 05月 31日
 この時期らしい爽やかな陽気と、雨もよいの肌寒い日が混在しつつ季節は移り変わっていきます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 遅ればせながら、この度の熊本地震で被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。ライフラインや物流の心配なご自宅、不自由な避難所で繰り返す揺れに不安な日々を送られている方々、さぞ心細く心労多いことでしょう。7月には学校公演でご当地に伺う予定なのでその時はもちろん、他の機会でも噺家にできる一番のお手伝い・明るい話題を届けること。これを心がけてまいります。
 まずは客船にっぽん丸で今年も5月8日まで日本一周の旅をしておりますので、各地の話題や写真できるだけまめにアップしたいと思います。下船してからは22日の『扇治の道も一歩から』、1年ぶりになります。ゲストにロケット団のお二人を迎え、公開げいこでは漫才の奥義を伝授しもらう予定。落語とはまた違う話術のコツ・掛け合いの呼吸などの楽屋裏がわかって、お客様もこれから漫才を聴くのが数倍楽しくなること請け合い!楽しい企画で大入りを目指しますので、皆様方お誘いあわせましてのご来場、よろしくお願い申し上げます。
入船亭扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2016-05-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2016.3   

2016年 03月 31日
 年明けのご挨拶から、またすっかりご無沙汰してしまいました。申し訳ございません。春を前に寒い日が続きますが、皆様お変わりございませんでしょうか。
 私共の業界に限らないかもしれませんが、「選挙のある年は仕事が動かない」という傾向があります。国や自治体・企業の先行きが見通せないところから、イベント関係は見送るところが多いのがその一因でしょうか。個人的にもとても静かな年度替りで、寄席の代演あったら声かけてねーと落語協会の事務局に頼んでみましたが、ほかも皆同じなのでしょうね、13日・20日の2日末廣亭12時ころの出番を辛うじてゲットしました。
 こういう時こそ、天がくれた貴重な時間とかねてからの懸案事項を片づけたり稽古や会の企画・創作のなど有意義に過ごすよう前向きにいこうと思っております。そのひとつとして、56回目を数えます文治師匠との二人会では久々の『厩火事』を、 また新しく作り直した高座にかけてみます。夏の余一会がありますのでそこを軸に、池袋では回数を少し絞って内容をさらに充実。『扇治の道も一歩から』を間にはさんで開催していく予定です。ともども、よろしくお願い申し上げます
 さて前段の話題に戻りまして、自宅での晩酌の折り「あぁヒマだなぁ」と愚痴っておりますと私よりはるかにポジティブ人間の愚妻から「なに贅沢なこと言ってんのよ、5年前のこと思い出してシャンとしなさい!」叱られました。そうですね、東日本大震災当時は仕事がヒマどころか噺家なんてやってていいのかと足が地に着かない日々を送っていたのが、人間喉元過ぎればすぐ油断してしまうものです。気仙沼やいわきに伺うたび、復興の難しさというもの改めて感じるとともに、微力ながら落語を通じて発信していくのが噺家の仕事と肝に銘じ、節目の年また一歩ずつ進んでまいります。よろしくごひいきのほどを。
入船亭扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2016-03-31 00:00 | 入船亭扇治通信

明けましておめでとうございます   

2016年 01月 01日
a0022750_23031984.jpg
新年、明けましておめでとうございます。
皆様良い年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。
私はにっぽん丸さんの仕事で新春のグアム・サイパンクルーズ、初日の出は洋上にて拝みました。新しい写真で面白いのがありましたら、順次アップいたします。
昨年暮れ、学校図書関係の皆様の勉強会に呼んでいただきました。学校の図書室にいらっしゃるのは司書教諭の方だとばかり思いこんでいたので、学校司書という立場で先生方との距離をはかりつつ生徒たちに読書指導をする現場での苦労などうかがい、こちらも大変勉強になり第2部の懇親会も大盛り上がりで楽しい一日となりました。
今年の夏には、毎回呼んでいただいている北海道留辺蘂図書館の催しがいよいよ20回の節目。それまでにはかねて予告をしながらカバーページを作っただけで止まっているfacebookページも牛歩ながらオープンさせたいと思いますので、寄席や勉強会・文治師との二人会などの出番と併せご贔屓賜りますよう。
本年もよろしく、お願い申し上げます。
入船亭扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2016-01-01 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2015.11   

2015年 11月 30日
 朝夕は冷え込むことが多くなってきました。いかがお過ごしでしょうか。
 とは言ってもいまのところ例年より暖かい日が続き、あまりお酉さまといった感じがしないのは私だけでしょうか。今年は29日まで11月中に酉の日が3回ありますが、昔から言われている「三の酉の年は火事が多い」実は統計的にはそういう数字は残っていないそうです。三番目の酉の日があるということはそれだけ押し詰まって冷え込んでいるから、火の元に気をつけるようにという戒め。浅草鷲神社のお酉さまにかこつけて吉原遊びを楽しみにしている亭主連中を牽制するため、江戸の女房たちが言い出したもの。鳥は時を告げるところから天変地異を知らせる存在とも言われ、その日がひと月に3回巡ってくるのは何か起こるのではという俗信などから来ているのではと言われています。
 今年の暮れはどんな陽気になるかまだ分かりませんが、一足早い大晦日気分を味わっていただこうと28日の二人会では久々の『芝浜』をかけさせていただきます。三代目三木助から扇橋に受け継がれた、我が一門にとっては特別な1席。師匠も生前数えるほどしかやっていないと思いますが、放送局やホールからの要望で高座にかける時は必ず前もって谷中の三代目の墓前で「芝浜をやりますので、師匠どうぞお守り下さい」と手を合わせておりました。
 今年7月に旅立った扇橋の墓は故郷青梅のかなり奥まったところにあるようで、自ら「遠いから、俺の墓参りなんぞお前たち来なくていいからな。来りゃ来たで俺にかこつけて、どうせまた一門で大宴会やるのが楽しみなだろうから」と言ってました。さすがに師匠、弟子のことをよくわかってます。
 まあ、底が抜けるほど吞むかどうかは別として12月に入ったら空いている弟子たちで墓前に伺う予定です。私の方はその前の『芝浜』ですから、無精を詫びつつうちから西の方に手を合わせるだけで勘弁してもらい、でも師匠の教えを胸に甦らせつつ大切に演じようと思っております。
 その前哨戦というわけではありませんが、21日の黒門亭でもやはり三木助→扇橋ラインの大作『三井の大黒』でトリを務めます。ここで、ブログをチェックして下さった方だけにお得なお知らせ。21日黒門亭第2部限定でお配りする案内状を28日の二人会にご持参いただくと、2016年落語協会カレンダーをプレゼント!28日は行かれないんだよなぁというお客様、21日のご案内状はもちろんご家族・お知り合いの方にお渡しいただいて結構ですので、皆様の賑々しきご来場心よりお待ち申し上げております。
入船亭扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2015-11-30 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2015.9   

2015年 09月 30日
 記録的な猛暑続きもひと段落、やれやれと思っていたらこのところ台風がらみの過ごしにくさ。「暑さ寒さも彼岸まで 」がこんなに待遠しいのも久しぶりのような気がします。
 その暑い盛りの7月31日、今年も末廣亭余一会企画「文治・扇治二人会 夏の特別篇」に多くのお客様お運びいただき、まことにありがとうございます。特別ゲストの歌丸師匠の出演かなわなかったのは残念ですが、急きょお願いした好楽師匠がご自身も療養明けにもかかわらず気持ちよく代演引き受けて下さり、無事お開きとすることができました。
 2階までは開きませんでしたが、平日の興行としては本当によくやってくれたとお席亭からはお褒めと来年も是非!とのお言葉。来年の7月31日は土曜日に当たりますので、これまで以上の大入りとなるよう今から企画を練って臨みたいと思っております。
 来年へ向けてのまず1ステップ目として、まずホームグラウンドの池袋へ帰っての第54回二人会を開催いたします。『明烏』と『小言幸兵衛』、出演者両名とも過去お客様にご好評だった演目満を持しての再演です。末廣亭ともどもご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。
扇治

[PR]

by irifunetei_senji | 2015-09-30 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2015.7   

2015年 07月 31日
 早いもので今年のカレンダーも折り返しとなりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 梅雨にしては雨量が少ないかなと言った陽気が続き首都圏の水がめが今から心配ですが、日中蒸し暑くても夜になると私の住んでいる界隈には乾いた北風が吹き抜け、半袖では肌寒い時もあるくらいで比較的しのぎやすいですね。
 この時期になると晩酌をしながらのプロ野球中継が楽しみの一つ。私は岐阜の出身ですから名古屋フランチャイズの某新聞社系のチームが贔屓なのですが、東京ではテレビはもちろんラジオでも在京球団主催試合の時しか放送がないのが昨年までの悩みの種でした。横浜スタジアムでのDeNA戦はニコニコ生放送で見られますが、無料の一般会員なので混んでくるとすぐ追い出されてしまいます。裏技を使ってパソコン・スマートフォンでラジオが聴けるradikoサービスで何とか中部圏の放送を捕まえてみたり、ニコニコで名古屋の実況を流してくれているコミュニティに入ってみたりといろいろやったみてどれもいま一つしっくり来ない。
 こんなことで時間をとられたりストレスがたまるよりはと、この3月から清水の舞台から飛び降りた気で全国のラジオがエリアフリーで聴けるradikoのプレミアム会員に月額375円(税込)で入会したら、いやその快適なこと!毎回臨場感あふれる生中継がクリアなステレオサウンドで楽しめる。相手チームの主催試合でも名古屋のラジオ局制作ですから地元のアナウンサーと球団OBの解説者の組み合わせが多く、聴いていて耳に心地いい。どんなに失策や凡打の時でも「いやぁ残念でしたが、この失敗がいい経験になってきっと次に生きてきますよ」「おっしゃる通りですね、さあそれでは中盤以降の反撃に期待しましょう!」の連続ですから。回が替わる時に入る間のコマーシャルも名古屋ローカルで、これもまた味がある。ワンコイン以下でこれだけ楽しめるんだから、何でもっと早くプレミアムにしなかったのかと悔やむくらい快適な聴取環境、なのですが…。
 それに比べて、肝心の試合内容と成績!この通信を打っている時点でわが贔屓チームはセ・リーグ単独最下位に沈み、オールスター戦にはファン投票では一人も選ばれないという輝かしい戦歴です。まだまだ先は長いと言っているうちにペナントレースも半ばを迎え、一向に浮上の様子が見えないチーム状況。せめて375円分の活躍はしてくれよと、今日もイヤフォンを耳に差すのですが…。
 野球にばっかりかまけてないで、もちろん稽古にも励みます。今年で3回目になる末廣亭余一会での「文治・扇治二人会 夏の特別篇」。お暑い中来て下さるお客様方のおかげで、新宿のお席亭から「平日の昼間なのによく人を入れてくれて助かってる。今年も期待してるよ」との身に余る言葉を頂戴し感激。ゲストの歌丸師匠の体調が心配ですが、元気に復帰してくれることを信じつつ良い会になるよう頑張ります。ブログ掲載のご案内で特典・ご優待もありますので是非ご活用いただいて、夏の1日冷房の効いた場内でたっぷりと熱演お楽しみください。
 よろしく、お願い申し上げます。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2015-07-31 00:01 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2015.5   

2015年 05月 31日
 薫風かおる候となってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 この連休中、1年10か月ぶりの客船にっぽん丸で日本一周の旅をしてまいりました。寄港地は宿毛・屋久島・伊根・七尾・秋田・大湊・釧路。お天気にも恵まれ穏やかな船旅、スマートフォンを変えてからあまり写真を撮っていなかったのですが、今回は心を入れ替えて何枚か撮影してきました。徒歩と貸し自転車で回れる港周辺だけですが、次回以降おいおいとアップしていきたいと思っております。
 今通信では取り急ぎ、昨年以来の独演会のご案内です。20年以上かかっていまだ18歩、お恥ずかしい次第ですが牛歩ながら継続に意義ありということで・・・。ゲストに鍵盤ハーモニカやリコーダーを駆使しての楽しい音楽パフォーマンス、のだゆきさんを迎えての一夜。ゲストにちなんでテーマは「寄席の交響楽」、音楽に関係のある噺を3席と公開稽古ではのださんとの愉快な掛け合いを予定しています。
 一時は当方の動員努力不足でお客様の足がかなり落ち込んでしまいましたが、前回で若干回復。今回は金曜夜でもあり、皆様お誘いあわせての賑々しきご来場、お待ち申し上げております。ご足労・お時間・木戸銭すべてが無駄にならない、楽しい夕べをお約束いたします。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
入船亭扇治拝
[PR]

by irifunetei_senji | 2015-05-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2015.3   

2015年 03月 31日
 春がそこまで来て足踏みしているような日が続きます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 私ことながら上の娘の高校受験で、何やかやと慌ただしい日々を送っておりました。
自分は一つしかない田舎の公立校に当たり前のように入ったので、正直今の東京で中学から上へ行くのはかなりなイヴェントなんだなと初めて知りました。
 当の娘は「そんなにうちにいるのが嫌なのか」とつっこみたくなるくらい、毎日塾へ嬉々としており、受験自体もいい刺激になったようです。結果はどうあれ、今回のことに関してはわが子ながらよくやったとほめてやりたいと思います。こちらも負けないで頑張らないと、何かと物入りでもありますしね…。
 今月も変わらぬごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。確定申告を済ませるとかなりまとまった時間がとれそう(はやく言えばヒマになる)なので、昨年来予告しておりますFacebookページも何とか公開にこぎつけられるよう努めます。
入船亭扇治拝

[PR]

by irifunetei_senji | 2015-03-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2015.2   

2015年 02月 28日
 新年のご挨拶申し上げないうち、月が変わってしまい、失礼しました。寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 昨年、12月にはFacebookページを公開しますといいながら、それっきりになってしまいました。少しずつ進めてはいるのですが、言い訳をさせてもらうと知り合いを通じて頼まれた落語関係の書籍の原稿の締め切りに追われ、つい肝心の情報発信がおろそかになってしまいました。
 1月には隔年恒例の熊本ソフィア会の皆様にもお世話になり、お知らせしたいことは山ほどあるので、パソコンに向かえる状況ができたら作業再開いたします。ネコが年取ってわがままになったり、娘の高校受験などで狭い我が家がとっ散らかってるものですから…。
 毎度のんびり更新の当ブログ、お客様も長〜い目で見守ってやって下さいまし。
 よろしく、お願い申し上げます。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2015-02-28 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信 2014.11   

2014年 11月 30日
 朝晩はぐっと冷える日が多くなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 9月、久々に催した「扇治の道も一歩から~第17歩~」、お客様方のおかげをもちまして無事、お開きとすることができました。
あつく御礼申し上げます。
 一つ節目の会がすむとほっとして若干気が抜けるところへもってきて、10月は連日旅で当ブログの予定すら更新せず、失礼しました。
今月も18日まで北海道と北陸に行きっ放しですが、帰ってきたらいよいよfacebookページを公開できると思います。カバー等は既に作成済み、
後はプロフィールや細かい体裁を整えるだけ。大好きな本やアニメの話題と共に、扇治の近況や会を積極的に発信していきます。乞うご期待!
 さて今月29日(土)夜は、夏末廣亭での特番からホームグラウンドの池袋に戻っての「第52回 文治・扇治二人会」があります。
 文治師のメイン演目が『味噌蔵』、私が『火事息子』。なんだかこの2席、雰囲気的に似てるんじゃないの?という方も多いのではないかと。
そこを承知の上で、冬・お店・火事つながりの噺ながら、二人の芸風の違いからそれぞれの味わいが出せればと思います。
 『火事息子』は好きな噺ですが本当に難しく、教わった師・扇橋も「これいいんだけど、師匠(先代三木助)のイメージが強すぎて、やりにくいんだよな」と
あまり回数はかけなかったですね。冒頭、夢のシーンが三木助独特の江戸前の気分・人情を感じさせる演出ですが、師匠はクライマックスのところであえて
林家(先代正蔵=彦六)のやり方を入れてやってました。両名人のいいとこどりをすることで、自分なりの芸のバランスをとってたんだなあと、今この噺を
さらってみるとわかる気がします。
 土曜日ですので、通常より若干混み合うかもしれません(そうなってほしいなぁ…)。指定席ではなく恐縮ですが、よろしければお早目にご予約を。
 皆様方のご来場、心よりお待ち申し上げております。
入船亭扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2014-11-30 00:00 | 入船亭扇治通信