カテゴリ:入船亭扇治通信( 124 )   

入船亭扇治通信(第95回) ※第1報   

2012年 07月 31日
 6月は梅雨寒の日が続きましたが、皆様お変わりございませんでしょうか。
 今月5日まで、にっぽん丸夏の北海道クルーズに乗船し奥尻島・天売島・留萌をまわります。無精なのと、想い出は胸の中にあるのが一番というポリシーからあまりまめに写真を撮る方ではないのですが、今回は愛用のスマートフォンが一緒ですから(海外航路の時は無くすのが怖いので家に置いていくのです)、何枚か記念撮影のまねごとでもしようかなと思っています。帰ったらできるだけ早く管理人さんにお願いして旅先の様子アップする予定なので、とりあえず今回は第1報とさせていただきます。こうして自分でプレッシャーもかけないと、なかなか更新の頻度があがりませんから・・・。
 30日の二人会、早いもので46回を迎えます。お客様方のご贔屓に感謝申し上げますとともに、付き合ってくれる平治師匠にもこの場をお借りしてありがとうと言わせて下さい。お亡くなりになった若手研精会主宰の稲葉さんに、「まるでカラーの違う人と勉強会をやりなさい」とすすめられ、お互い二ツ目から始めたのがついこの間のようです。でも着実に時は積み重なるもので、この秋平治師匠は大名跡「文治」を襲名。ますます芸に磨きがかかると共に、またこれまで以上に忙しくなることでしょう。
 それでも会は続けるとご当人から心強い言葉をもらってますから、私も新作や甚五郎物などで自分の味を模索しながら真剣勝負、と同時に楽しみつつ、新文治の胸を借りていきたいと思っております。どうぞ変わらぬお引き立てのほど、お願い申し上げます。
入船亭扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-07-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第94回)   

2012年 06月 30日
 ようやく初夏らしい陽気となってまいりました。皆様いかがおすごしでしょうか。
 先日、この春から娘が通う中学の「学校公開」にいってきました。私のご幼少のみぎりには「授業参観」でしたが、今はこう言うのですね。中野区だけなのかな?雰囲気も昔は盛装したお母さま方のファションショーといった趣もありましたが、今はもっとくだけた感じで、ラフな格好の保護者の方が多いです。
 担任の先生が教える理科・数学・社会と見せていただきましたが、いやいや、とても勉強になりました!小学校の公開には何度か行った事がありますが、中学ともなると内容がぐっと専門的に高度に。しかもゆとり教育から一転しての新指導要領、どうやって生徒たちに興味を持たせ理解させていくか、先生方それぞれに工夫をこらしていらっしゃる。
 なかでも感心したのが、社会の若い先生。日本の時代区分を「サザエさん」の替え歌に乗せて憶えるとか、何世紀は何年から何年までかを1000円札と小銭を組み合わせての買い物にたとえる等、とてもわかりやすく楽しい授業で、時のたつのをわすれました。今でも“♪ぜんどき(前土器) じょうもん やよい こっふーん あすか なら~・・・という歌詞とメロディが頭の中でグルグル回っています。
 私も月1回国立のカルチャーセンターで講座を持たせていただいたり、学校公演や図書館寄席で講演めいた話をする機会もありますが、どうしても一方的にダッーとしゃべってしまい、聴いている方がコックリコックリ・・・。申し訳ないなとおもいます。落語はもちろんですが、それ以外でも人前でしゃべる時には聴衆を惹きつけるメリハリのある話術、こころがけたいものです。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-06-30 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第93回)   

2012年 05月 31日
 ようやくこの季節らしい陽気になって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さてIT革命が進行中の我が家ですが、先日初心者がまずやらかすパソコンの操作ミスの定番・必要なデータ削除で冷や汗をかきました。詳しい方にはご退屈でしょうが、まあ素人の愚痴話おつきあいください。
 娘がCDプレイヤーから録りためたウォークマンの楽曲にジャケット写真や歌詞などの情報入れてやろうと一度パソコンに転送。いろいろ試したのですがうまく行かず、出かける時間が迫ったので邪魔だから今取り込んだ分削除しちゃおうどう、必要な時また移せばいいんだからとあっさり削除ボタンをクリックした瞬間、いやーな感じが。あれ、ひょっとして俺今「パソコンに転送時、ウォークマン本体からこの情報を削除」のチェックマーク、外し忘れたんじゃないか?と確認すると案の定、2年かかってこつこつ集めた239曲がかげも形もありません。
 慌てて翌日からフリーと市販の復元ソフトでサルベージする事一昼夜、回収した124曲を無事復元…出来たつもりだったのが、「情報が失われたファイルは1MBで自動的に復元するので、サイズが大きなもの(音楽だと4~5MBは必要)はあらかじめ大きめのサイズを指定して復元」の注意事項に気づかず作業したため、取り戻した曲は全て1分5秒で切れており、苦労して歌の目次を作ったようなものです。
 再度挑戦した時はその間パソコンの操作をしてしまったせいでしょうか、あらかたファイルが壊れていて10曲ほどしか復元出来ませんでした。
 どれほど嘆き悲しみ、こちらを恨むかと覚悟した娘が、「もう聞かない曲が多いし、ウォークマンの掃除になってちょうどよかった。また少しずつ集めるから、パソコンでCD情報入れてね」と言ってくれたのに救われました。お詫びの手始めに嵐の新曲初回限定版を買わされたり、懐には響きますが…。慣れない機器に向かう時はまず慎重にという事をパソコンから、人には間違いが必ずあるのだからそれを許す・納得する事を娘から教わった次第です。この件については、次回また補足させて下さい。
 30日の二人会、演目当初は違うものを予定しておりました。先月黒門亭で演じたばかりの「三井の大黒」ですが、前述のウォークマン騒ぎはその当日の事。こんな事を言うとプロが甘えてどうするとお叱りを受けそうですが、何となく胸の内落ち着かず、自分のなかで不完全燃焼だったと反省しております。師匠直伝の噺このままでは悔いが残りそうですから、あえてもう一度チャレンジさせていただく次第です。
 黒門亭で聞いて下さったお客様には申し訳ございません。でもあの時とはまた違った工夫で演じるつもりですので、よろしければまた、お付き合い下さい。お願い申し上げます。
扇治拝
[PR]

by Irifunetei_senji | 2012-05-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第92回)   

2012年 04月 30日
 長く厳しい冬、噺家になってこんなに春の訪れが待ち遠しかったのはいつ以来でしょう。皆様、お変わりございませんか。
 さて人生も半ばあたりまで生きてきて、最近一つ悟った事があります。それは、「人間 腹が減ると不機嫌になる」という真実。そんなの今さら言わなくたって当たり前とおっしゃるかもしれませんが、私は結構食いだめのきくたちで、空腹が耐えられない辛抱出来ないとは、あまり思った事がありません。むしろのべつ満腹でない方がお酒が美味しくいただけるので、検査入院中の師匠が食事が遅いと家に帰ってきてしまったと聞いた時は、いくらなんでも大人げないんじゃないのというのが正直な感想でした。
 家族でホテルのビュッフェにお出かけすると決まったら、必ず元はとってやろう向こうに損害を与えてやろうと2・3日前から食事を控えて臨んだりしたものです。
 それがこの1・2年、やたら小腹が空いたり炭水化物を無性に欲する事が増えてきました。身体に何処か不調があるかもしれないので近いうちに診てもらおうとは思っていますが、年齢的なものというのは、やはりあるのではないでしょうか。昔ほど体力がないと、エネルギー不足が即応える…
 先月末も、浅草演芸ホールの夜席から帰って愚妻と晩酌をする機会が何度かありました。以前なら馬鹿っぱなしをしながらチビチビ、夜遅くまでやってて平気だったのが、その時は「いつまでのんでんだこいつは。早くおまんまにしてくんねえかな」と、次第に不機嫌になっていく自分がわかるのです。これが年を重ねるという事なのかなと、しみじみ思った次第です。
 まあ、いつまで若い気でいないで年相応にしなさいという天の声もあるのでしょうが、日々変わっていくのもまた人の常。懊悩と葛藤の青春時代が歳月と共に懐かしい想い出になるように、あの頃は腹が減ってのべつおまんまをの事を考えてた。まだまだ、若かったんだなあ…とファミレスで孫達がハンバーグやチョコサンデーをパクパクやってるのを横目に、玉子とじうどんをもてあましながら思う日が来るのでしよう。あまり肩肘張らない程度に、悔いのない毎日を送りたいものです。

 木の芽時、皆様もお身体お大事になさって下さい。
扇治拝
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-04-30 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第91回)   

2012年 03月 31日
 春の歩みがこれほど遅々としている年、噺家になって久しぶりです。でもそれだけやわらかい日差しとそよ風が、ありがたく感じられるはず。気長に待つとしましょう。
 さてひょんな事から我が家にやって来たスマートフォン、親よりずっと賢い子で良く働いてくれてます。この原稿も今までは手書きをFAXで送り、管理人さんに更新してもらうという大変なお手間をおかけしてました(ブログなのに月いち更新だったのはそのためです)。
 先月からはとりあえず長文のメールで送信していますので、少しはデータ化が進んだかなといったところです。さあそうなると欲が出るもので一念発起、人からいただいたデスクトップのVAIO(名実共に我が家の「ディスプレイ」となっています)、機械より主に使い手の責任でのべつトラブルを起こしていたカミさんの98搭載メビウス以来、数年ぶりに新しいパソコンを導入しました!
 小学校3年の時、岐阜の実家にカラーテレビが来た時以上の家電維新。ご想像の通り、スマホよりはるかに「出来る」らしいのですがそれだけに気難しい次男に振り回され、機嫌をとる日が続いております。まあこちらも春の訪れをまつ如く、焦らずのんびり付き合っていこうと思っております。
 昨年秋の末廣亭で皆様からお預りした復興支援募金のその後、IT革命の進行と共にお知らせいたしますので、今暫くお待ちください。
それでは今月も、よろしくお願い申し上げます。
扇治拝
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-03-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第90回)   

2012年 02月 29日
 2005年以来という「寒冬」の日が続きます。皆様おかわりございませんでしょうか。
 昨年暮れ、グアム~サイパンクルーズのにっぽん丸に乗る前日に携帯の液晶が壊れました。画面にひびみたいなのが入ったなと思ったら、あっと言う間に全体に広がり操作不能に。通話機能は何でもないので強情に使えなくもないのですが、この際たからと新機種に乗り換えました。家内が手続きしてくれたその機種というのが…
 何と、iPhone4s!それもWi-Fiルーター007z経由のデータし放題フラットプランも一緒にくっつけて来ました。3年前パソコンが我々には理解出来ない理由でフリーズして以来、携帯のみで暮らしていた我が家に久々に訪れたIT革命です。サクサク動くネット画面に、初めてカラーテレビが家に来た小学校3年の時を思い出しました。
 子供が新しいオモチャを貰ったようなものですから、夢中になっていじっているうちに地下鉄の網棚に図書館の本を置き忘れる大しくじり。忘れ物では見つからず、2008年に出たもので版元にも取次ぎにもない状態、まめに新古書店を回るしかないかなと覚悟していたら…神保町古本ナビのお兄さんが「その時期の本だったらAmazonで探すのが早いですよ」と。
 早速検索すると美品で20点以上の出品が!トントンと手続きして入手、返却期限内に図書館に弁償する事が出来ました。先端機器から起きた失敗を、同じ機械から繋がるネットで取り返す。便利なツールとウェブ社会は諸刃の剣、という教えでしょうか。
 さて大変間が空いて恐縮ですが今月18日、昨年10月下席末廣亭主任興行でご協力いただいた震災復興支援募金を福島県いわき市へ届けて参ります。どんな団体の方に託しどう使っていただくのか、現地での会がすみましたら出来るだけ詳細にご報告しますのでもう少々お待ち下さい。スマートフォンと管理人さんの助けを得て、月2回以上の更新を心掛けますので…よろしくお願い申し上げます。
扇治拝
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-02-29 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第89回)   

2012年 01月 31日
 皆様、新年おめでとうございます。天翔る竜になれるよう精進しますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 昨年末から乗船したにっぽん丸でグアム・サイパンを往復しつつ、正月を迎えました。1年の滑り出し上々、前途洋々と行きたいものです。船旅のご報告は、また後日。
 師走のしゃべり納めは、池袋での「第43回 平治・扇治二人会」。自分の会が2回続けて不入りだったので心配でしたが、ふたを開けてみたら100人を超す盛況。あらためて平治師匠の人気と実力を感じました。あやかれるよう、私も頑張ります。
 その時トリで「文七元結」を演じたのですが、途中吾妻橋の件で冷や汗をかきました。長兵衛が文七に財布をたたきつける場面で、あんまり勢いよくやったので手拭いが高座をツーッと滑って遙か彼方へ。何とか手を伸ばして取ることはできたのですが、明らかに座布団から身を乗り出してますから、お客様にはバレてしまいました。以前、「堀の内」を鈴本でやった時も、お賽銭をあげる仕草で財布に見立てた手拭いを放ったらそのままスポーンとエレベーターマイクの穴の中へ。彦六師匠のように、予備の手拭いを懐に入れとかなきゃいけないなと思いました。備えあれば憂い無し、皆様もお気をつけ下さい。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2012-01-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第88回)   

2011年 12月 31日
 高温多雨という長期予報、あまり師走のせっぱつまった感が薄い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 3月11日以来、いろんなことを考えさせられる1年でした。正直年内は仕事なんかほとんど無いだろうなと思っていたのに、未熟な私の芸でも聴いて下さる方がいらして、何とか無事に年が越せますこと、本当に有り難く思っております。
 先月は学校公演で鹿児島に伺い、その折にはまた大学関係の皆様に本当にお世話になりました。鹿児島ソフィア会の方々は楽しい会食の場を設けて下さり、熊本の先輩方はお忙しい中、私の会の企画・動員・設営・受け付け・片付け・打ち上げ……と、不肖の後輩のためにご尽力賜りましたこと、この場を借りてあつく御礼申し上げます。10月下席末廣亭のトリの際にもソフィア会事務局のご協力を頂戴し、同窓の皆さんに多勢おいでいただいたのに続き、いい学府を出させてもらったんだなと実感(ほとんど授業には出ませんでしたが……)いたしました。応援して下さる方々に少しでもおこたえできるよう、来年は小さい会場での土・日昼間の会をいくつか企画しようと思います。またよろしくお願い申し上げます。
 今年のまとまった喋り納めは師匠ゆずりの「文七元結」、その後は、29日からにっぽん丸の新春グアム・サイパンクルーズに乗船します。海の彼方からご健勝ご祈念申し上げます。皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2011-12-31 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第87回)   

2011年 11月 30日
 そろそろ熱燗の恋しい季節に……と言いたいところですが、平年より気温の高い日がまだまだ多いようです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 10月下席末廣亭昼の部主任興業には、たくさんの方にお運びいただき、まことにありがとうございます。また、その折に行いました震災復興支援募金にも、予想をはるかに上まわる額のご協力賜りましたこと、あつく御礼申し上げます。
 三遊亭円丈師匠が「こういう形の募金は、半分くらい芸人への祝儀みたいなもんだから」とおっしゃってましたが、まさにその通り。お客様にウケた時は募金額が多く、今ひとつかな? という日はそれなりの額でした。こんなに高座の出来が募金に影響するとは! と今回のトリでは自分で言うのも何ですが連日稽古に励んだつもりです。噺家が稽古するのは当たり前だろうとおしかりを受けそうですが、諸事情があって8月16日からあまり家で噺をさらうということをしなかったのです。
 稽古不足のツケはすぐ高座に表れるもので、9月中席あたりは自分でしゃべっていても「あ、俺今、素人みたいな口調になってるな」と驚いたりしたものです。稽古しただけうまくなるわけでもありませんが、少なくとも下手にはならないのだけは確かです。何の世界でも、練習・稽古は裏切らないと、あらためて実感した10日間でした。
 この経験を忘れず、少しずつでもまた精進して参ります。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

 おしまいに、末廣亭でお預かりした皆様からのご厚意の額と、当日の演目をお知らせいたします。

21日 ¥11500 「戴き猫」
22日 ¥19147 「寝床」
23日 ¥49291 「竹の水仙」
24日 ¥20253 「甲府い」
25日 ¥23218 「茶金」
26日 ¥40209 「叩き蟹」
27日 ¥18934 「ねずみ」
28日 ¥26168 「藪入り」
29日 ¥44509 「文七元結」
30日 ¥48337 「妾馬」

募金総額 ¥301566!!

プラス
ドンキホーテのコイン1枚
10セント硬貨1枚。

皆様のお気持ちに、感謝。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2011-11-30 00:00 | 入船亭扇治通信

入船亭扇治通信(第86回)   

2011年 10月 31日
 厳しい残暑もようやく一段落。借家ながら庭で虫のすだく候となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 10月は上旬と下旬、末廣亭に出させていただきます。上席は夜19時55分、下席は昼のトリと両方ともいわゆる「深い」出番です。もちろん、出演時間がいつかにかかわらず高座は大事なものですが、寄席は前座からトリへ向かって多勢が盛り上げていく団体戦。早い時間に出るのと深いところでは、当然やり方、演目を変えなくてはいけません。上席では「ヒザ前」の朝馬師匠にしっかりバトンを渡せるよう、下席では昼の部の幕をきちんと下ろせるよう、それぞれ頑張ります!

a0022750_19484388.jpg


 下席につきましては、上の画像をプリントアウトしてお持ちいただければ、割引クーポンとして使用できます。また、画像がプリントアウトできない環境の方は、03-3384-4158・扇治までご住所、お名前をFAXいただければ、割引はがきをお送りいたします。

※画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示されます。拡大表示された画像を右クリックしていただき、名前をつけて保存するなどしてください(Windowsの場合は、そのまま印刷できる機種もあるようです)。保存していただいた画像は、ブラウザーソフトで「ファイルを開く」のメニューから開けます。
上記の操作をせずに、ブログのエントリーをそのまま印刷していただいても構いませんが、何も設定をせずに印刷されますと、後続のページまで印刷されて紙が無駄になってしまいます。最初のページのみを印刷する設定にしていただきますよう、ご留意くださいませ。
少々操作が面倒で恐縮ではございますが、どしどしご利用ください!(管理人T)


 終演後には震災復興支援の募金活動も予定しております。どうぞ皆様お誘い合わせの上、お出かけ下さい。
扇治
[PR]

by irifunetei_senji | 2011-10-31 00:00 | 入船亭扇治通信