扇治の道も一歩から 第18歩   

2015年 05月 29日
a0022750_10231692.jpg
平成27年5月29日(金)
開演:18:30~

演目:『片棒』『百年目』(鳴り物入り)ほか新作1席
ゲスト:のだゆき(音楽パフォーマンス)

於・お問い合わせ
池袋演芸場
03-3971-4545
http://www.ike-en.com/
扇治
090-8455-8996
senjitonaraba2@live.jp
(スパム除けのため、@が全角になっております)
[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-05-29 00:00 | イベント告知(関東・他)

黒門亭 第2部   

2015年 05月 24日
平成27年5月24日(日)
開演:14:30〜

出演:鬼〆・半蔵・扇治・菊龍

お問い合わせ
落語協会
03-3833-8563
http://rakugo-kyokai.or.jp/Events/Kuromontei/
[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-05-24 00:00 | イベント告知(関東・他)

【緊急告知】末廣亭3月中席夜の部   

2015年 03月 31日
 ぎっくり腰で休演する弟弟子・扇辰に替り、急きょ11日より末廣亭夜の部のトリを務めることになりました。
 私も腰は持病なのでよくわかりますが、いったん痛めると季節の変わり目などには必ず再発するものです。彼目当てのお客様のは申し訳ございませんが、当人も体調万全にして捲土重来を期すことでしょうから、ふだんからひとかたならぬお世話になる末廣亭の高座、非力ながら精一杯務めさせていただきます。
a0022750_09400426.jpg
 上の画像をプリントアウトしてお持ちいただくかスマートフォン等の画面ご呈示で、一般3000円を2500円にご優待。
 また当興行に来ていただいたお客様、末廣亭の半券ご持参で3月26日(木)夜の「第53回文治・扇治二人会」(池袋演芸場)を一般前売2000円のところ、当日1800円にご優待させていただきます。
 皆様方のご来場、心よりお待ち申し上げております。
扇治

★★末廣亭3月中席夜の部★★

平成27年3月11日(水)~20日(金)
開演:17:00~21:00
(入れ替え無しですから、よろしければ昼の部からでもぜひ!)
出演:ホンキートンク・玉の輔・さん福・紫文・鉄平・一朝・翁家社中・雲助・小袁治
   ~仲入り~ 小せん・ホームラン・文左衛門・一九・ダーク広和・扇治

※扇治は10日間休みなく出演いたします。
 旅の仕事がキャンセルになったのが幸いしました。

於・お問い合わせ
末廣亭
03-3351-2974
http://suehirotei.com/

※初出時、「この記事をプリントアウトしてお持ちいただくか〜」と記載しておりましたが、
わかりやすいように画像を追加させていただきました。


[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-03-31 00:01 | イベント告知(関東・他)

入船亭扇治通信 2015.3   

2015年 03月 31日
 春がそこまで来て足踏みしているような日が続きます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 私ことながら上の娘の高校受験で、何やかやと慌ただしい日々を送っておりました。
自分は一つしかない田舎の公立校に当たり前のように入ったので、正直今の東京で中学から上へ行くのはかなりなイヴェントなんだなと初めて知りました。
 当の娘は「そんなにうちにいるのが嫌なのか」とつっこみたくなるくらい、毎日塾へ嬉々としており、受験自体もいい刺激になったようです。結果はどうあれ、今回のことに関してはわが子ながらよくやったとほめてやりたいと思います。こちらも負けないで頑張らないと、何かと物入りでもありますしね…。
 今月も変わらぬごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。確定申告を済ませるとかなりまとまった時間がとれそう(はやく言えばヒマになる)なので、昨年来予告しておりますFacebookページも何とか公開にこぎつけられるよう努めます。
入船亭扇治拝

[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-03-31 00:00 | 入船亭扇治通信

第53回 桂文治・入船亭扇治二人会   

2015年 03月 26日
第53回 桂文治・入船亭扇治二人会

平成27年3月26日(木)
開場:18:00
開演:18:30~

【出演】
桂文治『崇徳院』他1席
入船亭扇治『花見の仇討』ほか1席

木戸銭:前売り2,000円・当日2,200円

会場:池袋演芸場

a0022750_00322076.jpg


お問い合わせ
入船亭扇治
03-3384-4158
senjitonaraba2@live.jp
※スパム除けのため、メールをお送りいただく際は、
お手数ですが@を半角にしてください。

池袋演芸場
03-3971-4545
http://www.ike-en.com/
[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-03-26 00:00 | イベント告知(関東・他)

第76回しんうら寄席   

2015年 03月 21日
平成27年3月21日(土)
開演:13:30~
場所:浦安市民プラザWAVE101
料金:一般2,000円
※扇治の独演会。会場詳細については別途下記画像をご覧ください。

a0022750_00405235.jpg

お問い合わせ
入船亭扇治
senjitonaraba2@live.jp
★各種会員割引等あり。よろしければメールにてお問合せ下さい。
※スパム除けのため、メールをお送りいただく際は、
お手数ですが@を半角にしてください。

[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-03-21 00:00 | イベント告知(関東・他)

入船亭扇治通信 2015.2   

2015年 02月 28日
 新年のご挨拶申し上げないうち、月が変わってしまい、失礼しました。寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 昨年、12月にはFacebookページを公開しますといいながら、それっきりになってしまいました。少しずつ進めてはいるのですが、言い訳をさせてもらうと知り合いを通じて頼まれた落語関係の書籍の原稿の締め切りに追われ、つい肝心の情報発信がおろそかになってしまいました。
 1月には隔年恒例の熊本ソフィア会の皆様にもお世話になり、お知らせしたいことは山ほどあるので、パソコンに向かえる状況ができたら作業再開いたします。ネコが年取ってわがままになったり、娘の高校受験などで狭い我が家がとっ散らかってるものですから…。
 毎度のんびり更新の当ブログ、お客様も長〜い目で見守ってやって下さいまし。
 よろしく、お願い申し上げます。
扇治
[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-02-28 00:00 | 入船亭扇治通信

黒門亭 第2部   

2015年 02月 08日
平成27年2月8日(日)
開演:14:30〜

出演:かゑる・正朝・扇治・富蔵(出演順)

お問い合わせ
落語協会
03-3833-8563
http://rakugo-kyokai.or.jp/Events/Kuromontei/
[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-02-08 00:00 | イベント告知(関東・他)

末廣亭 昼の部   

2015年 02月 01日
平成27年2月1日(日)~10日(火)
開演:12:00~

出演:のだゆき・一之輔・白酒・ストレート松浦・扇治・
   志ん彌・ロケット団・志ん輔・さん八・マギー隆司・権太楼〜仲入り〜
   朝也・遊平かほり・一九・小燕枝・二楽・小満ん(出演順)

※扇治の出番は13時、5日(木)は休演。

於・お問い合わせ
末廣亭
03-3351-2974
http://suehirotei.com/
[PR]

# by irifunetei_senji | 2015-02-01 00:00 | イベント告知(関東・他)

入船亭扇治通信 2014.11   

2014年 11月 30日
 朝晩はぐっと冷える日が多くなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 9月、久々に催した「扇治の道も一歩から~第17歩~」、お客様方のおかげをもちまして無事、お開きとすることができました。
あつく御礼申し上げます。
 一つ節目の会がすむとほっとして若干気が抜けるところへもってきて、10月は連日旅で当ブログの予定すら更新せず、失礼しました。
今月も18日まで北海道と北陸に行きっ放しですが、帰ってきたらいよいよfacebookページを公開できると思います。カバー等は既に作成済み、
後はプロフィールや細かい体裁を整えるだけ。大好きな本やアニメの話題と共に、扇治の近況や会を積極的に発信していきます。乞うご期待!
 さて今月29日(土)夜は、夏末廣亭での特番からホームグラウンドの池袋に戻っての「第52回 文治・扇治二人会」があります。
 文治師のメイン演目が『味噌蔵』、私が『火事息子』。なんだかこの2席、雰囲気的に似てるんじゃないの?という方も多いのではないかと。
そこを承知の上で、冬・お店・火事つながりの噺ながら、二人の芸風の違いからそれぞれの味わいが出せればと思います。
 『火事息子』は好きな噺ですが本当に難しく、教わった師・扇橋も「これいいんだけど、師匠(先代三木助)のイメージが強すぎて、やりにくいんだよな」と
あまり回数はかけなかったですね。冒頭、夢のシーンが三木助独特の江戸前の気分・人情を感じさせる演出ですが、師匠はクライマックスのところであえて
林家(先代正蔵=彦六)のやり方を入れてやってました。両名人のいいとこどりをすることで、自分なりの芸のバランスをとってたんだなあと、今この噺を
さらってみるとわかる気がします。
 土曜日ですので、通常より若干混み合うかもしれません(そうなってほしいなぁ…)。指定席ではなく恐縮ですが、よろしければお早目にご予約を。
 皆様方のご来場、心よりお待ち申し上げております。
入船亭扇治
[PR]

# by irifunetei_senji | 2014-11-30 00:00 | 入船亭扇治通信